headband

日焼け 対処法

HOME >> 日焼けをした場合の対処法って?

日焼けをした場合の対処法とは?



ここでは日焼けをした場合の対処法について書いています。

日焼けを早く治すためには、どのようなことを行えばいいのでしょうか?




日焼けをした場合の対処法は大きく分けて5つ


日焼けをした場合の対処法は大きく分けて5つあります。

・すぐに冷やす
・保湿ケア
・水分をこまめに補給する
・しっかりと睡眠をとる
・酷い場合は病院に行く

日焼けをした場合、すぐに冷やすのが鉄則です。

冷やすことで、皮膚の熱を取り、赤みや痛みを抑えることができます。

ただし、冷やし過ぎると余計に悪化する危険があるので、直接保冷剤を肌に当てるのはやめましょう。

保冷剤をタオルで包むか、濡れタオルで冷やしてください。

水風呂に入るのも有効ですが、長時間浸からないようにしましょう。

紫外線を浴びると肌が乾燥してカサカサになります。

このまま放置すると肌トラブルを起こすので、化粧水などでしっかりと潤いを与えてください。

しかし、あまりにも症状が酷いと化粧水の刺激で肌が負けてしまう危険があります。

痛みが一層強くなった場合は、化粧水の使用をやめましょう。

日焼けを治すには体の外側からだけではなく、内側からも水分を与える必要があります。

肌に潤いを与えるためにもこまめに水分を補給してください。

すると通常よりも日焼けの症状が早く改善します。

そして、しっかりと睡眠をとることも大切です。

肌は寝ている時に回復するので、睡眠時間が短いと日焼けがなかなか治りません。

成長ホルモンの分泌が活発な夜10時〜深夜2時の間に寝ると早めに治るといわれています。

また、睡眠の質も重要なので、寝る前にスマホやパソコンの画面を見るのはNGです。

過度に紫外線を浴びてしまうとそう簡単に日焼けは治りません。

冷やしても良くならない場合は、我慢せずに病院に行ってください。

水ぶくれができていたり、発熱がある時は、危険な状態なので、そのまま放置するのはやめましょう。

日焼けをした場合の対処法のまとめ


まとめておけば日焼けをした場合の対処法は、

・すぐに冷やす
・保湿ケア
・水分をこまめに補給する
・しっかりと睡眠をとる
・酷い場合は病院に行く

の5つです。

日焼けをした場合は、こうしたことをすぐに行ってください。

早めに対処すれば治るのも早いです。

また、「無理に皮を剥がさない」「日焼け直後は美白化粧品を使用しない」「日焼けした当日は洗剤を使わない」といったことも一緒に覚えておきましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 雪肌ドロップの口コミについて詳しく調べてみました

pagetop
inserted by FC2 system