headband

日焼け リスク

HOME >> 日焼けによるリスクって?

日焼けによるリスクとは?



ここでは、日焼けによるリスクについて書いています。

日焼けは肌や体に良くないといわれていますが、具体的にどのようなリスクを高めてしまうのでしょうか?


日焼けによるリスクは大きく分けて5つ


日焼けによるリスクは大きく分けて5つあります。

・シワ
・シミ
・ニキビ
・皮膚ガン
・免疫力低下

紫外線を浴びると肌の奥にあるコラーゲンが破壊されてしまい、肌のハリ・弾力が失われます。

すると肌がたるんで、シワができてしまいます。

また、既にあるシワがより深くなってしまうので、しっかりと日焼け対策をしないと実年齢よりも老けて見られます。

シワが増えてきた人は、もしかすると日焼け対策が不十分なのかもしれません。

みなさんも知っていると思いますが、日焼けはシミの原因になります。

若い頃は新陳代謝が良く、ターンオーバーも活発なので、シミができづらいですが、30代や40代になると新陳代謝が悪いのでシミができやすいです。

ただ、若い人は紫外線対策をしなくてもいいというわけではありません。

紫外線対策を怠っていると今は良くても20代後半や30代になってからシミができ始めます。

年齢に関係なく、しっかりと紫外線対策をしてください。

日焼けをすると活性酸素が発生して、皮脂の分泌が多くなります。

皮脂の分泌が多くなれば、当然毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビができやすいです。

日焼けのリスクとして忘れてはならないのが皮膚ガンでしょう。

紫外線はDNAを損傷させて、皮膚ガンのリスクを高めてしまいます。

皮膚ガンは命にかかわる重大な病気なので、リスクを抑えるためにもきちんと日焼け対策をしてください。

過度な日焼けは免疫力を低下させます。

免疫力が下がると風邪をひきやすくなったり、感染症にかかりやすくなります。

日焼けによるリスクのまとめ


まとめておけば日焼けによるリスクは大きく分けて、

・シワ
・シミ
・ニキビ
・皮膚ガン
・免疫力低下

の5つです。

このように日焼けは肌だけではなく、健康にも悪影響を及ぼします。

しかし、これは大量の紫外線を浴び続けたり、紫外線対策を怠った場合です。

日頃からしっかりと日焼け対策をしていれば、こうしたトラブルを防ぐことができます。

最低でも日焼け止めクリームを塗ったり、飲む日焼け止めを使用するといったこと程度はしてください。

より効果を高めたい場合は、日焼け止めクリームと飲む日焼け止めの両方を使ってみるといいでしょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 雪肌ドロップの口コミについて詳しく調べてみました

pagetop
inserted by FC2 system